電話が必須

ビジネスのあらゆる場面において、電話は必須アイテムです。メールなどの連絡ツールは目覚ましい発展を遂げているとはいえ、最終的に直接話ができる電話が決め手となることは、オフィスを始めあらゆる事業に関わっている方々は実感なさっているのではないでしょうか。

その電話での連絡をスムーズにするために使われているのが、ビジネスフォンやレンタル携帯・IP携帯といったツールです。これらには特徴があり、事業規模や形態によって向き不向きがあります。では、ビジネスフォンとレンタル携帯、IP携帯について大まかな特徴を見ていきましょう。

まず、ビジネスフォンは複数の電話機で外線電話と内線電話の両方を使用でき、ある電話が外線を受けたときも内線によって別の電話に取り次げるものです。これは通常のオフィスによく見られるもので、ある程度広さのあるオフィスならどこでも取り入れられているものでもあります。

レンタル携帯は、個人としての手続きなくレンタル会社から携帯端末を借りることができ、プライベート用の携帯と分けて使用するためによく使われるものです。新たに個人的に携帯電話を契約するよりは手軽ですし、仕事にしか使わないのであればレンタル携帯にしておけば解約もスムーズですし簡単です。

これらの電話という概念を新しくしたのがIP携帯。これはインターネットのシステムを利用したもので、従来のように電話回線契約を結ぶのではなくインターネット回線の契約によって利用が可能になります。環境によっては高速接続も期待でき、ネットワーク間の連絡が容易となったのです。

現代において、ビジネスフォンやIP携帯はビジネスとは切り離せないツールとなりました。

関連リンク

ビジネスホンの中古販売は/テルコジャパン
レンタル携帯を使うなら| モバイルデンデン

カテゴリ
  • カテゴリーなし
アーカイブ